パーカーポイント?ロバートパーカーって誰?

投稿日:

皆さんこんにちは「酒のいしかわ」のサムです!

私たち「酒のいしかわ」はyoutubeに「知っておきたいワインの知識」というシリーズで動画をアップロードしています。今回はお店でもよく質問をいただく「パーカーポイントってなに?ロバートパーカーって誰?」について説明をさせて頂きました。

 

まず「ロバートパーカーさん」は元弁護士で、ワイン好きが高じてワイン評論家に転身した方です。1975年からワインの記事を書くようになり、78年には今の「ザ・ワインアドヴォケイト」の前身になる「ザ・ボルチモア・ワシントン・ワインアドヴォケイト」の発行を開始します。

 

そこでワイン業界初の「100点満点で評価する」という手法がとられるようになり、これが「パーカーポイント」と呼ばれるようになりました。この点数が評価される理由は、他の著名なワイン雑誌とは違い、一切の広告を掲載せずに消費者の視点からワインの評価をするからです。

 

パーカーポイントの評価方法

■評価に値するワイン:50点

■色・外見:1~5点

■香り:1~15点

■味わい:1~20点

■全体の質のレベル、熟成による将来性:1~10点

全て満点だと100点になります。

 

パーカーポイントの評価ランク

■100~96点:格別

■95~90点:傑出

■89~80点:並以上から優良

■79~70点:並

■69~60点:並以下

 

我々も店頭のPOPなどに「パーカーポイント98点!」など高得点のワインにはキャッチコピーに活用させていただいたりしますが、ひとつの目安にもなりますし、購入される方も安心感があると思います。

 

ただし、ワインは嗜好品なので、経験や好みによって意見が分かれるのも当然です。ロバートパーカーさんはぶどう品種で言えば「メルロー」が好きで味わいも濃くてハッキリしているワインが好みのようです。世界中のワイン醸造家がそのようなワインに寄せているという話も実際にあるようです。影響力がありすぎるのも・・・パーカーさんと好みが合えば最高のバイブルになりますね(笑)

 

あくまでも参考程度にして頂いて、最終的にはご自分の好みのワインを見つけてください!因みに私は20代はチリの濃いパワフルなカベルネでしたが、30代になったらやたらと白ワインを飲んでいたり、赤はフランス・ローヌの濃いけど複雑味が楽しめるワインになったり、40代の今はボルドーの古酒がたまらなく好きになったりしております。ワインって面白いですね(^.^)

 

よろしければ動画もご覧ください!

-ワイン

Copyright© おまかせワインの定期便 酒のいしかわ | 美味しいワインの頒布会・通販|カッパ便 , 2018 AllRights Reserved.